google-site-verification: googlee33df5a1a2f7dffa.html
  • 東京宅建学院

駐車場経営を始める前に

最終更新: 2019年2月22日

相続などで得た土地は何もしなければ、固定資産税がかかるため、不良資産になってしまいます。

そこで検討すべきなのが「土地活用」。

駐車場経営は、遊休資産活用を考える上での選択肢のひとつです

→メリット

・少ない初期投資で始められる「ハードルが低い」

・土地の広さに関係なく始められる

→デメリット

少なからず知識や知見を持っていないと、全く利益が出なかったり

トラブルの原因に繋がる


■駐車場の種類

・「月極駐車場」

→募集・契約・管理を委託もしくは自ら当事者となって運用する方法

・「コインパーキング」

→土地を一括に業者へ委託して運用する方法

◆大手:タイムズ24、三井のリパーク、

・「WEB予約型」駐車場

→管理は自ら行い、予約流入はサイトを利用する方法

◆大手:Akippa、B-times(タイムズ24)


■駐車場経営の3つのメリット

①少ない初期投資でOK

駐車場は建物建築がいらないため、初期投資額が少ないということが一番メリットです。

駐車場の運営をサポートしてくれる会社と契約すれば、

土地だけあれば初期投資ゼロで始めることも可能です。

※初期投資額はアスファルトであるかどうか、立地、契約条件などで異なります。

②狭い土地でもOK

マンションやアパート建築が難しい土地でも駐車場経営なら可能な場合が多いです。自動車を停車するだけのスペースがあれば可能です。

③やめたい時もすぐ対応しやすい

事情ができて駐車場経営やめたい時に、速やかに事業をやめることができます。平面の月極駐車場の場合でも、契約解除の予告をすれば、1か月程度で退去してもらうことが可能です。

※契約条件によって異なります。

※駐車場経営でも立体駐車場の場合は、「土地や建物の賃貸借契約」とされて借地借家法の適用対象となる場合があります。

まとめ

クルマ離れが進んでいるといわれていても、市場ではまだまだ駐車場の供給は足りていません。また、シェアリングエコノミーにおけるカーシェアの市場規模拡大など市場は拡大しています。リスクをしっかりと理解した上で、需要予測を行えば、安定的な収入を得ることが可能です。

弊社では、こういった解決事例も多数経験しており、ご相談もお受けできます。

ぜひ、一度お声がけ下さい!

21回の閲覧

Copyright (C) 2019 tokyotakken.com AllRightsReserved.

サイトポリシー

スクリーンショット 2019-02-25 11.03.56.png
スクリーンショット 2019-02-06 13.44.09.png
スクリーンショット 2019-02-06 13.47.03.png
スクリーンショット 2019-02-07 9.57.43.png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter Social Icon